伊豆河童ところてんの説明(English)

創業明治二年から続くところてんをご家族様でお楽しみください。
Enjoy our Tokoroten’s original taste and flavour that has remained the same and has never changed since1869.

天草伊豆半島は日本で一番の『天草(テングサ)』の産地です。
The Izu peninsula is the origin of best algae you can find.
その中から特に良質な伊豆稲取の海女の手摘みの最高級天草を中心にたっぷりと使っています。
We use plenty of high-quality algae hand-picked by Ama (woman divers) from Izu-inatori.

天草はところてんや寒天の原料となる海草で、煮溶かして冷やしますと固まる性質があり、製法は中国から伝えられ、鎌倉の初期の頃には京都の東西の市場に心太座(ところてん店)が開かれ販売されたと伝えられています。
Algae is the raw material of Tokoroten. It becomes a jelly-like texture when it is stewed and cooled down.
In the early days of the Kamakura era, people used this method from China to make “tokoroten” for people to enjoy at the market in Kyoto.

   

——————————————————————————————————————————————
ところてんは『水』が命です。
Water is the most important ingredient for Tokoroten.
伊豆河童の地下水は名水百選の一つ『柿田川湧水』です、四国四万十川を並び日本最後の清流と言われ
ています。
Our company sources it’s water from『Kakita-river spring water』which is one of “ Japan’s 100 most remarkable waters”.
柿田川は富士山の伏流水で、水量は東洋一を誇り、水面は独特の輝きを持つ清流です。
Kakita-river is groundwater from Mt. Fuji and the amount of water is the best in Asia.

製造は明治二年創業以来研究を重ねた独自の製法を、社長自ら製造をし、天草は伊豆産の中でも地区によっ
て微妙に異なる特性を加味してブレンド。コシ、かたさ等の調整をしております。
We reached own remarkable and unique manufacturing technique after many years of research since 1869.
The owner himself is involved in the process of making it. The algae has slightly different qualities in various regions. We use these algae and blend them to create the perfect texture of our Tokoroten.

この天草をとろ火でじっくりと時間をかけて名水で煮溶かし、布で3回漉して滑らかにしたのもを肩に流し
込んだ後、常温でゆっくりと自然冷却して仕上げます。
The algae is slowly stewed for hours with Kakita-river spring water. It is then strained 3 times, poured into a metal cooling pan and finally, cooled slowly at room temperature.

手間も時間もかかりますが、原藻から造る物の香り、歯ごたえ、舌触りことが、長年愛されてきた『ところ
てん』ならではの味わいです。
It takes skill and time to create the texture and aroma of our Tokoroten. We strive to consistently continue putting in our utmost effort to retain it’s reputation.

名店 みはし 上野本店 甘味処 あんみつ・ところてん

東京に友人のお見舞いに行ってきました。

その帰り

上野によって、あの名店「みはし」に寄ってきました。

とりあえず14時くらいについたので入ろうとしたら、なんと満席!

じゃ、昼食べてなかったので近くでちょこっと食べて14:30頃何とかは入れました。

それにしても、おじさんひとりで甘味屋に入るのって結構勇気いります(笑)

 

そして注文は、やっぱりところてん!

突き立てのきれいなところてんでした。

コシもあり、天草の香りは少な目

ここで作っているのか、仕入れているのか?わかりませんが、しっかりと作られていると思います。

ところてん自体は細めです

タレ、結構酸っぱい^^;

タレも一緒にすすりましたが2回ほどむせました。。

もう少しまろやかな方が個人的には好みかなぁ

さすがに悩みましたが、怪しいおじさんついでに、あんみつをおかわり(笑)

寒天、こしあん、ミカン、求肥、豆 が入ってました。

寒天、おいしいと思います。しっかりとしてます。

こしあん、なぜか正方形^^;

たぶん、バットで作ってそれをカットして乗せてるのかなぁ と想像します

どうやらつぶあんもあるみたいです(つぶあんの方が好みだったので頼めばよかった。。)

こしあんはすごくなめらか。スプーンが簡単に入ります。

豆は塩気が少ないかな?求肥は変な着色がついてなくてよかったです^^; (たまにまっピンクの求肥とかでてくると自分は引きます^^;)

あと気になったのは蜜。自家製なのか?黒みつですがちょっと薄い気がします。これも好みですかね。もう少しコクがあるほうが美味しいと思うのですが、、

さすがに店構えがしっかりしています。

このディスプレイで食べたくなります。。

お値段が東京の甘味屋にしてはリーズナブルです。

あんみつ500円、ところてん480円(ところてんはちと高い気もする)

クリームあんみつ610円

そして、お土産用がしっかりとラインナップされてます。

これは買いたくなりますね。

店内で食べるよりもたぶん100円づつ安くなってます。

リーズナブルだ。

おじさん一人の甘味食べ歩きはなかなか罰ゲームくらい勇気いりますが、まあ、まあ周りは知らない人ばかりだし、観光客が多いので気にしなければOKですね(笑)

ホントはもう一件行きたかったけど、それは次回に。