仙台 初、永勘染工場に!

仙台に行った帰り、伊豆河童の暖簾を作ってもらっている永勘染工場さんに寄らせてもらいました。

お店の前で、永野さんと!

▼お客様の様々な色に対応するために、いくつもの刷毛を用意して、できるかぎりお客様の要望にあった色に仕上げているそうです。

笑顔が素敵な永野さんです^^

▼染め上げたら木製の柱に紐で引っ掛けて干していきます。

この方法であれば、自由に高さを調整できるからだそうです。

▼ こちらもお客様の要望の色に合わせるための調合の工程です。

お客様ひとりひとりの色に染めていきます。

▼型を作って仕上げています。

▼素敵なお店も前掛けでおしゃれになっています。

ぜひ一度、お店に寄ってみてください。

http://www.norenya.co.jp/

株式会社永勘染工場
〒984-0814
宮城県仙台市若林区
南染師町13番
TEL:022-223-7054
FAX:022-223-9719

AmazonのIDで伊豆河童でお買い物できるようになりました。

テレビでは、河津桜の話題でいっぱいです。

私の住んでいる伊豆半島北部でも、今年は雪を見ませんでした。。

そんな暖冬のおかげでいつもより1週間ほど満開が早いです。

河津桜は約1ヵ月見れますので、ぜひまだ見てない方はお越しください。

こんな桜が見られます。

 

おかげさまで伊豆河童の桜あんみつも、大好評で発売中です。

桜の季節の4月までは販売予定です。

送別会などのプチギフトにもピッタリです。

 

伊豆河童 季節商品のご案内

 

桜の特集、 こちらも季節限定です

 

 

————– も く じ —————

・ Amazonアカウントでお買い物できるようになりました。

・ チョコろてんも今日明日がお得。

———————————–

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Amazonアカウントでお買い物できるようになりました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Amazonpayment アマゾンペイメント

http://www.tokoroten.co.jp/guide

日用品など、アマゾンでお買い物している方も多いかと思います。

 

私もその一人。

 

アマゾンは何といっても注文がとても楽ですね。

当然クレジットカードの入力なんていりません。

 

伊豆河童では、なんと、先週よりアマゾンのアカウントでご注文ができるようになりました

 

もちろんクレジットカードの番号も入力する必要もありません。

アマゾンのアカウントとパスを入れるだけ。

 

ぜひ一度、お買い物でお試しくださいませ。

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
チョコろてんも今日明日がお得。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ホワイトデ―特集も、今週がピークでしょうか。

義理返しはお決まりですか?

 

伊豆河童のところてんを使ったヘルシーでローカロリーなスイーツは、伊豆産の極上の天草と柿田川名水をふんだんに使ったこだわりの味。気取りすぎないさりげなさと、他にはない特別感のあるプチギフト。くつろぎの時間にぴったり、カロリーを気にしなくてもよいと喜ばれています。

http://www.tokoroten.co.jp/category/76.html

 

1,000円未満で存在感のあるチョコろてん、おススメです

ホワイトデー お返し ギフト ヘルシースイーツ

 

ホワイトデーにどうぞ。

まとめ買いもお得な12個入り、24個入りもございます。

 

http://www.tokoroten.co.jp/item/127.html

 

——————————————-

ところてんの伊豆河童

〒411-0907 静岡県駿東郡清水町伏見184-3
055-975-0100(日曜祝日、弊店定休日以外9:00~17:00)
担当:栗原、青木、高橋、出口

メールアドレス:customer@izukappa.com

——————————————-

伊豆河童

ところてん専門店が教える、ところてんと寒天の違いとは?

ところてんと寒天の違い

ところてんと寒天はなにが同じでなにが違うのか?

 

同じ種類の原料からできているのですが、製法が違うというだけなので一般にはあまり知られていません。

大きく分けるとところてんをまず作ってから寒天になります。

ところてんには海のミネラル分がたくさん含まれていますが、寒天には全く含まれていません。

逆に、ところてんは磯の臭いが残るので苦手な人も多いのですが、寒天はほとんど匂いがしませんので万人に受け入れられ料理やお菓子にも使うことができます。

2016-02-07_1651

ところてんとは

天草を原料として煮溶かし、型に流し込み成形し作る食品です

IMG_3499

ひと言では簡単に済んでしまいますが、ところてん専門店としてもう少し深く説明したいと思います。

原料の天草はほぼ、日本全国で取れていますが、一般的に太平洋岸のほうが量も多く品質も良いとされています。

※天草についてはこちらでさらに詳しく説明させてもらいます。

個の天草を水と一緒に煮ると、どろどろのところてんの素となる成分が出てきます。(煮続けても天草が溶けてなくなるわけではありません)

どろどろのところてんの素を大きな型に流し込み、昔ながらの製法では常温でゆっくり固めます。

この固まったところてんの素を”ところてん突き”で細く突きだしたものが正真正銘、本物のところてんになります。

天草以外の海藻(オゴノリ)などをブレンドしてもところてん(のようなもの)にはなりますが、昔ながらのところてんではなく人工的な食感(異常な硬さやゴムのような粘り)にしあげるところもあります。

それでは寒天とは?

寒天とはところてんを凍らせて乾燥させたものをいいます。

2016-02-07_1652

長野県や岐阜県は原料である天草がある海がないのになぜ寒天の産地となっているかというと、冬に氷点下になって凍らせることができるからです。

天草の取れる太平洋岸では、冬に氷点下になるのは短い真冬の時期だけになってしまうので、寒い時期が長く続く長野県や岐阜県で盛んになったんですね。

※伊豆に寒天橋という橋があります(天城越えの菓子の中にもありますね)。この橋を越えて長野方面に天草を運んで寒天になるという意味でつけられたという説もあります

寒天は大きく分けて棒寒天(糸寒天)と粉寒天があります。

2016-02-07_1653

棒寒天や糸寒天は、昔ながらの製法で今でも作られているところが多いです。

なので、国産の天草を使って作っているところも多いです。

しかし、棒状や糸状になっていると使いにくいと言う点でマイナス面もあります。

逆に粉寒天は水に溶いていろいろな形や食材に使えます。

IMG_9476

和菓子屋さんや洋菓子、料理にも幅広く利用されます。

ただ、粉寒天に関しては国産の天草を100%したものはほとんどなく、外国産の天草とところてんには使用しないオゴノリなどの海藻をブレンドして作っています。

国産の粉寒天は貴重なためかなりの高値になっておりますが、最近の中国産離れなどで需要は増えているようです。

※特に最高級の伊豆産天草は粉寒天には基本的になっておりません(一部伊豆半島の漁業組合が作っている伊豆天草産の粉寒天だけになります。)

こちらにもところてんと寒天の違いは記載しております

中伊豆の山葵田の中にある和食レストラン羅漢さんに行ってきました。

羅漢

伊豆の山奥に、一日一組限定のお店があります。

「羅漢」

地元の食材を使って、ゆっくりゆったり食事するところです。

 

場所は伊豆の山奥

周りはわさび農家さんばっかりのなかにポツンと一軒家で営業しています。

 

今回はお昼から夕方7時頃までお邪魔してきました。

3か所でお食事をとり、その料理もとても繊細で伊豆の旬を感じるものばかり。

 

そしてなんといっても盛り付けが素晴らしく。とてもきれい。

店主、加藤敦子さんのおもてなしが最高です。

 

 

まずはワサビ田見学。伊豆の筏場という産地で真妻ワサビの栽培について

加藤さんからいろいろ聞きます。中伊豆筏場のわさび田

この地区の人はなまって「わさびざ」って発音するそうです

今年は1カ月くらい早くわさびの花も咲いています。

24120036830_543fd1b09b_z

途中、わさび生産農家さんで、わさび漬けやわさび味噌を見学

img_4533jpg_24307397752_oimg_4537jpg_23787474354_o

そして、羅漢さんへ

味噌大樽をひっくり返した小屋で梅酒と前菜

img_4552jpg_23787524234_o

img_4563jpg_24047943969_o

前菜が終わったら、次のお料理を待つ間。

飼っている梅山豚(メイシャントン)と黒豚のハーフのこえみちゃんと遊ぶ。

そして、前半の目玉でもある、盛り付けが最高にきれいな食事の登場です。

24415779045_4f21d82c70_z

天城の山奥でも海は遠くないので、海の幸も。

img_4583jpg_24120212450_o

わさびは最高級の真妻わさびをその場で摩り下ろします

img_4582jpg_24333356351_o

しいたけそば。 驚いたことにしいたけのかつら剥き?でしいたけそのものをそばにしています。img_4617jpg_24389696056_o

 

次はいろりを囲んで、美味しいお食事と美味しいお酒が次々とでてきます。

img_4620jpg_23789146713_o

熱燗は灰でゆっくり温めます。

img_4600jpg_24048066459_oimg_4603jpg_23787689464_o

いろりを囲んでの食事最後は焼きおにぎりを、地元の季節のお漬物で。

そうそう、お茶漬けもあります。img_4635jpg_24048156409_o

最後はデザート。茶色いのはこんにゃくのチョコレート!びっくり

チョコろてんの次はこれか?(笑)

日が落ちてからは、やさしい明りで昔懐かしい障子での影遊びなんかもできます。

最後は今回、参加のメンバーで^^

 

とてもゆっくり流れる時間の中で、

伊豆の新鮮な食材で素敵な料理とお酒をゆっくり楽しめます。

 

ちょっと遠いですが、おススメです。

伊豆市地蔵堂299-2

「羅漢」  不定休 要予約(一日一組限定)

 

NTTさんのウェブマガジンに掲載してもらいました。

テーマは「絶品ところてんを食べよう」

食べ倶楽部

今回はところてんの食べ比べに出品してほしいということで承諾して記事にしていただきました。

https://www.ntt-card.com/trace/vol28/tabeclub/index.shtml

5店舗のところてんを食べ比べたみたいです。
うちのところてんセットをプレゼントに選んでくれたみたいで、うれしいです!

ところてんといっても、天草の種類や、天草以外のものを使ったり、粉寒天をつかったりいろいろありますが、やはり基本は天草だけで作ったもの。
これをところてんと定義してます(うちが勝手に思ってるだけですけど^^;)

昨日、東京の飲み屋さんで、いろいろ話したけど、若い子はところてん自体たべたことあったかなーとか。
もちろんところてん突きで突きだしたことはない。
「テレビで見たことあるかも~」程度ですね。

やっぱりところてん突きの体験も含めておいしさなんかも伝わるんじゃないかなーと思ってます。

ここの紹介されている店舗さんは、まあ仕事柄当然ですけどすべて食べたことあります。
各お店で特徴がありますが、伊豆河童は伊豆天草100%にこだわり富士山の湧き水で作ってます。

天草100%で、しかも伊豆天草だけってなかなか無いです。
というのも伊豆の天草は海女がまだ海に潜ってとる手摘みの天草。日本で一番高値で取引される高級天草なんです。

それでは、記事の抜粋です

———————————————————————

伊豆河童「柿田川名水ところてん(6食檜突き棒セット)」(静岡)

島田:伊豆河童の「柿田川名水ところてん(6食檜突き棒セット)」も豪華だな〜。伊豆の最高級天草を通常の2倍量も使って、富士山の伏流水・柿田川の名水で煮出すそうだよ。うん、香りも歯ごたえも絶妙だ!

小松:自分で突くタイプのところてんに、6種類のタレがセットになっているぞ。一般的な二杯酢のほかに、黒蜜、梅ソース、柚子蜜、胡麻ダレなど……いろんな味が楽しめるのは嬉しいね。僕はわさびドレッシングが気に入ったなぁ。

青木:ちゅるんとした舌触りで食べやすいわ。ところてんって、タレの組み合わせ次第でこんなにも可能性が広がるのね! 家族そろって、突きたてのところてんパーティーをしたら楽しいに違いないわ♪

 

伊豆河童「柿田川名水ところてん(6食檜突き棒セット)」

今回のプレゼントキーワードは「タレ6種類」
「檜の突き棒が本格的で楽しいセット。贈答用にもぴったり」(青木)、「突きたてのツルっとした食感とのどごしがクセになりそう!」(小松)、「いろいろなタレで食べ比べるのがツウな食べ方。ぜひ、お気に入りを見つけて下さい!」(島田)

 

三島大社に茶店があったと。

14日から伊豆河童はお盆休みに入っています。

 

小さい頃、ずっとお盆って8/15~17だと思ってました。

地元最大のお祭り(三島大社)が15日から三日間始まり

この三日間に親戚もいっぱい集まるので、ずっと疑ってなかったんですが、

大学で東京に出て初めてお盆って8/13~16だと知りました。

 

各地方によっていろいろだと思いますが、、、

 

その三島大社のお祭りには昔、茶店があってうちのところてん(おでんも)やっていたんですが

なにやら、数年前に茶店がすべて取り壊されてしまいました。。

そして、キレイな建物が一件残りましたが、そこは流行りのかき氷とかで、ところてんはやってません

 

衛生面でダメだったとか、いろいろ説はありますが、

理由は何でもいいんですけど、地元の人からなぜなくなった?と聞かれます。

私に聞かれても知らないのですが、、、

今はもうない、三島大社の茶店です。

 

なんとなく日本の伝統のものがなくなるって、寂しいですよね。。