伊豆河童ところてんの説明(English)

創業明治二年から続くところてんをご家族様でお楽しみください。
Enjoy our Tokoroten’s original taste and flavour that has remained the same and has never changed since1869.

天草伊豆半島は日本で一番の『天草(テングサ)』の産地です。
The Izu peninsula is the origin of best algae you can find.
その中から特に良質な伊豆稲取の海女の手摘みの最高級天草を中心にたっぷりと使っています。
We use plenty of high-quality algae hand-picked by Ama (woman divers) from Izu-inatori.

天草はところてんや寒天の原料となる海草で、煮溶かして冷やしますと固まる性質があり、製法は中国から伝えられ、鎌倉の初期の頃には京都の東西の市場に心太座(ところてん店)が開かれ販売されたと伝えられています。
Algae is the raw material of Tokoroten. It becomes a jelly-like texture when it is stewed and cooled down.
In the early days of the Kamakura era, people used this method from China to make “tokoroten” for people to enjoy at the market in Kyoto.

   

——————————————————————————————————————————————
ところてんは『水』が命です。
Water is the most important ingredient for Tokoroten.
伊豆河童の地下水は名水百選の一つ『柿田川湧水』です、四国四万十川を並び日本最後の清流と言われ
ています。
Our company sources it’s water from『Kakita-river spring water』which is one of “ Japan’s 100 most remarkable waters”.
柿田川は富士山の伏流水で、水量は東洋一を誇り、水面は独特の輝きを持つ清流です。
Kakita-river is groundwater from Mt. Fuji and the amount of water is the best in Asia.

製造は明治二年創業以来研究を重ねた独自の製法を、社長自ら製造をし、天草は伊豆産の中でも地区によっ
て微妙に異なる特性を加味してブレンド。コシ、かたさ等の調整をしております。
We reached own remarkable and unique manufacturing technique after many years of research since 1869.
The owner himself is involved in the process of making it. The algae has slightly different qualities in various regions. We use these algae and blend them to create the perfect texture of our Tokoroten.

この天草をとろ火でじっくりと時間をかけて名水で煮溶かし、布で3回漉して滑らかにしたのもを肩に流し
込んだ後、常温でゆっくりと自然冷却して仕上げます。
The algae is slowly stewed for hours with Kakita-river spring water. It is then strained 3 times, poured into a metal cooling pan and finally, cooled slowly at room temperature.

手間も時間もかかりますが、原藻から造る物の香り、歯ごたえ、舌触りことが、長年愛されてきた『ところ
てん』ならではの味わいです。
It takes skill and time to create the texture and aroma of our Tokoroten. We strive to consistently continue putting in our utmost effort to retain it’s reputation.

Terra Madre Salome del Gusto とは?

1996年から始まった国際的なスローフードイベントです

2年に一回イタリアのトリノで開かれ、縁あって私も参加してきました。

2018年9月20日〜25日  トリノのリンゴットという街です

 

この広さでたぶん1/4位です

中でも日本ブース「スローフード日本」は結構大きく出店しています

 

当然ですが、日本の伝統的なデザート「ところてん」を紹介に行ってきたのです。

世界各国の食べ物が並んでいる中日本ブースで毎日1時間「お振る舞い」としてところてんを振舞ってきました。

もちろん99%の方は初めてみる食べ物。

各国のことばで「これは何?」「なんでできているの?」「これは日本だけの食べ物?」「ちょっと食べさせて」

日本での展示会よりもたくさんの人がやってきてどんどん食べてもらいました。

持って行ったのは黒蜜、酢醤油、そしてわさびドレッシング

人気は意外にも?わさびドレシングでした

そして中日の夜、スローフード富士山メンバーが宿泊しているアパートでパーティーをやりました。

手巻き寿司、冷汁、うどん、そしてところてん。

日本の食文化に興味ある方が大勢集まってくれました

こちらはトリノの街で、スローフード富士山メンバープラスαで食事

パスタとピザでお腹いっぱいです。

ところてん突きも実演してきました

やっぱり実演すると違いますね。人が集まってきます

やっぱりイタリアの方が一番多く、あまり英語も通じない、、(≧∀≦)

日本語→イタリア語に変換してもらってます

おまけ:浴衣着てたからでしょうか、本部のカメラマンが撮らせてくれと、、

もしかしたら公式な場所で見かけるかも知れませんよ笑

今回、イタリア語に翻訳してくれたリサさんです。

横浜に住んでいて日本に戻ったら伊豆河童に寄ってくれるって約束してくれました

最終日は、世界各国の人たちが集まっているのでパレードがありました。なんか楽しい(^-^)

とても貴重な体験ができました。

これからも世界中の方にも日本の伝統的なスイーツを紹介できるように動きますね!!

うめだ阪急 おいしいニッポン 物産展に出展中

大阪うめだ阪急にて販売中

今年もやってきました。

昨年大人気で初日、二日目と売り切れになってしまった「おいしいニッポン!」物産展です。

4月24日に大阪入り。

ん~、なんか大阪の街にも結構慣れてきたかも、、、^^;

で、準備が終わったら衛生などの講習です

結構長い時間みっちりやります

で、

講習が終わったら、お待ちかね食いだおれの街 大阪堪能です^^

まあ、観光客みたいなもんですから、、(笑)

グリコの前で撮影w

で、〆?に焼肉

 

 

今回は知り合いのこんにゃく屋さん(北毛久呂保)も出店していてました

http://www.kuroho.com/

そして25日から6日間、今回は伊豆河童の催事スタッフまいちゃんが一週間頑張ってくれるので、私は初日で会社に帰ります。

まいちゃんにお任せしてますのでお近くの方はぜひ寄ってくださいね

うめだ阪急 9階催事場でまってます

 

で、私はというと、実は翌日から京阪百貨店というところでも催事が始まるので、そのまま準備のために守口駅に、、

こちらの店舗はマネキンさんにお願いしてますが、お近く方はぜひお寄りください。

ということで三島へ帰途につきました。

ポイントが溜まってたので、普通料金でグリーン車に(≧▽≦)

で、

目の前の外人さん、、 思いっきりシート倒してますけど、、、

まあ、悪いことではないのでいいんですけどね。日本人はあまりやらないですよね~

ネットショップ黎明期に試行錯誤した仲間

もう9月の事になりますが7.8と軽井沢に行ってきました。

こんな仲間たちと。

ここにいる十数名は、2000年9月 インターネットでの商売の可能性を信じて、現在の売り上げの10倍を作るにはどうしたらいいか?

この目標の為に2泊3日の合宿をしたのです。

これが楽天市場では伝説となった虎の穴合宿

この中には楽天さんの役員も現楽天某自由人?も

そして、今なおインターネット中心で商売をしている仲間

16年たったので、インターネット中心の仕事から他の仕事にシフトしてる人

などなど、いろいろな形になってますが、原点に戻って合宿所に集まりました。

場所は軽井沢のバリ

エスティバンクラブです

16年ぶりですが、みな懐かしく

「おおー、ここでみんなで話したよね」

「ここの部屋に集まってたよねー」

なんて同窓会の雰囲気

 

10倍になるスピードは違うけど、みんな確か10倍の売り上げは達成したかと。

この後虎の穴は楽天市場の定番の合宿として定着していったのでした。

 

自分もこの合宿に参加したときは、言えないような売り上げしかなくて

ちょっと場違いではないかな?と思うほど。

そう、楽天市場のショップオブザイヤーとか取ってる当時の超有名店ばかりだったんですね。

そんなすごい人たちと一緒に真剣になって10倍売り上げるには?をいろいろとアイデアを出して実践して検証して、、、を繰り返して今がある

 

自分としてはこの合宿がなかったらどうなっていたことやら、、

この当時は、会社もなかなかの赤字続きで藁をもつかも思いで参加したんだっけ。

 

16年たって、久しぶりにあった方も元気でした。

なんだか、この虎の穴一期生は、みんなもう落ち着いてる感じが印象的。

当時は売上揚げるために、結構ストイックに「寝たら負け」みたいな雰囲気の中仕事してたもんなー

みんな売り上げは上がって、それだけではなく余裕があって、あくせくしてないというか、売上上がっても上がれば上がるだけヒーヒー行ってるネットショップが多い中、平日にもゆっくり集まれる環境になってるんだなと。

これからもこの一期生は、きっと自分のやりたいことを突き詰めて、お金ではなく豊かな人生を送るんだろうなぁ

そんなことを確信した同期会でした。

 

宿泊所のエスティバンさんも、同期の一員なのですけど、ホントにゆっくりと落ち着けて食事もおいしいペンションです

写真も撮ったので見て下さい^^

16年ぶりの軽井沢駅。

また数年後にはまた同じ顔を見るために下車するのかな

楽天いいモノ通信って?

楽天で販売されている数ある商品の中から、
お客様に支持されている逸品と、
その裏にある作り手の想いをお届けするサイトです。
この国のモノづくりの現場から、
みなさまの生活を豊かにする逸品をご紹介いたします。

そんなコンセプトでまとめられているコンテンツです。

今回、そのいいモノ通信の楽天で販売されている数ある商品の中から、
お客様に支持されている逸品と、
その裏にある作り手の想いをお届けするサイトです。
この国のモノづくりの現場から、
みなさまの生活を豊かにする逸品をご紹介いたします。Vol.23に伊豆河童を掲載していただきました。

ちょっと照れくさいですがきれいに伊豆河童の特徴をまとめてくれました。

感謝です

ぜひ読んでくださいませ

https://event.rakuten.co.jp/rmagazine/shopstory/vol23/

 

他のいいモノ通信もぜひ。

https://event.rakuten.co.jp/rmagazine/shopstory/

米崎港での海女さんの天草採り。船に乗って見に行ってきました

テレビ局の取材が入りました。

ところてんの製造の様子はバッチリ撮影してもらいましたが、天草量漁の撮影もしたいということで今回も小下田行って来ました。

小下田の米崎港というところで船に乗せてもらって撮影してきました

10時半を超えてしまったのでほとんど天草漁は終わってたのですが、もう一度海女さんが海に入ってくれました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

採り終わった天草もかなりの重量。

おばあちゃん海女さんたちかなり元気ですねぇ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

手摘みの伊豆天草なので最高級品です^^

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上から覗き込んで採る天草のあたりつけます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回は、小雨模様だったんですけど、

とりあえず水洗いの天日干しではなく、そのままにするか

晴れたら干すか後で考えるって言ってました

それにしても、googleMapでも出てこない米崎港。

こんな雨模様でも上から底が見えるくらいきれいなので

晴れたらどれくらい透き通ってるんだろう。

また来よう

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

仁科地区の天草漁を見に行ってきました

翌日から雨ということで、今年は遅くなっちゃいましたが天草漁を見に行ってきました。

予定では八木沢、小下田の漁を見ようと思ったんですが、なんと漁協が休み。。

小下田では出荷日(天草倉庫に持っていく日)だそうで、漁はやらないとのこと。

ということで仁科まで足を運んできました

おかあさんの分も、一生懸命は混んでます

「明日から雨だし、自宅で干すわ」とのこと

こちらは仁科の漁港

ちょっと離れたところで家族で天草干してました

「今日はあんまり採ってないんじゃないか?」

と。

お父さんが干してたのは沖草(海女さんが潜って採ってる高級品)

 

お父さんの方がいい天草だからそっちを撮ってー

あたしゃ写さなくていいから。

お母さんの干してるのは寄り草

「お嫁さんと撮ってやって!」とお父さん

お嫁さんは、私は遠目からにしといて~w と

こちらは八木沢で丁度一人おじさんだけ晒していた天草です。

 

今回の天草漁見学は、時期が遅かったせいもあってあまり人も出てませんでいた。

まあ、みんな言うには、「天草採る人も少なくなったからなぁ」と。

 

やっぱりこりゃまずいですよね。

なんかできることないだろうか??

燕三条の小柳産業さんへところてん突き棒の件で行ってきました。

初、新潟県!

初めての上越新幹線。二階席を予約して景色をゆっくり見ながら、、、と思ったら、意外とトンネルが多かった。。

しかも予想よりも早い、、2時間かからない(東京から)

燕三条駅まで専務さんに迎えに来てもらい、小柳産業さんへ

工場は子会社になっていて、株式会社丸三という名前でした。

ここは木工制作専門の会社です

伊豆河童の工程をすべて見えるように当日は準備してもらいました。

まずは切断。

今までの檜と違ってホウノ木という木材を使います。

ホウノ木はにおいも少なく、水にも強く、油も出にくい特徴があり

こちらの木を使って作ってもらうことに。

切断した上部面に伊豆河童のオリジナルロゴを焼き印してもらいます。

こちらで角を切断。

決まった角度で切断するために専用の工具が用意されてました。

取っ手のところの穴あけ。

こちらで台所などにぶら下げておくこともできるのですね。

各部品を組み立てていきます。

基本、一人でやってもらっているようです。。大変な作業、、

そしてどんどん積みあがっていきます。

出来上がった側を整えていきます。

そして最終工程。

今回の伊豆河童のところてんの要望に応えてもらえた、重要な部分。

真鍮の刃を手作業で入れていきます。

今までのテグスの糸ではつるっとしたところてんの食感を出すことが難しかったのですが、この刃ではとても食感がいいところてんができます。

これやってくれるところがなかなかなかったのです。

そして出来上がった伊豆河童の突き棒。

2017年5月中旬より順次変更していきます

※セット物は本年は価格据え置き。

ところてん突き単品は200円値上げとなります。

この作業を手作りしてくれるありがたい小柳産業さんに感謝。何卒ご了承ください。

国内製造と、国外製造して袋詰めだけ国内作業の糸寒天 の見分け方

糸寒天

先日の寒天のテレビ放送で、いろいろ思うことあり書きましたが、

では、実際に商品で見分けることができるのか?ということ。

正しい表記はまだ確認中ですが、外国で作ったものを国内で袋詰めした商品の表記は「原料原産地」を記載しなければいけません。

が、書いてないものも多いです。

これではわかりません。

 

では、実際に商品を手に入れてみました。

 

そしたら衝撃の事実がっ!

こちらです

↓ ↓ ↓

もっと寄ってみましょう

これが国産(国内製造)品です

↓↓↓

そしてこちらが外国での製造品

↓↓↓

比べてみるとわかりますねー

なぜそうなるのか?

日本の糸寒天の製造はこちら

(寒天問屋森田商店様HPより抜粋)

残念ながら外国での製造現場の写真は見つかりませんでした。

外国産でもちゃんと作っていればキチッとまっすぐなものもあるかもしれません。

が、間違いなくうねうねと曲がった糸寒天は国産ではありませんね。

また、棒寒天は外国産は聞いたことがないので国内と思って間違いないと思います。

残念ながら粉寒天に関しては商品から見極めるのは極めて難しいと思いますので正しい表記をしていると信じるしかありません。。

まあ、粉寒天は国産の原料を使うとものすごく高くなるので、ほとんどありません。※伊豆河童はありますが、^^;

http://www.tokoroten.co.jp/category/itokanten