名店 みはし 上野本店 甘味処 あんみつ・ところてん

東京に友人のお見舞いに行ってきました。

その帰り

上野によって、あの名店「みはし」に寄ってきました。

とりあえず14時くらいについたので入ろうとしたら、なんと満席!

じゃ、昼食べてなかったので近くでちょこっと食べて14:30頃何とかは入れました。

それにしても、おじさんひとりで甘味屋に入るのって結構勇気いります(笑)

 

そして注文は、やっぱりところてん!

突き立てのきれいなところてんでした。

コシもあり、天草の香りは少な目

ここで作っているのか、仕入れているのか?わかりませんが、しっかりと作られていると思います。

ところてん自体は細めです

タレ、結構酸っぱい^^;

タレも一緒にすすりましたが2回ほどむせました。。

もう少しまろやかな方が個人的には好みかなぁ

さすがに悩みましたが、怪しいおじさんついでに、あんみつをおかわり(笑)

寒天、こしあん、ミカン、求肥、豆 が入ってました。

寒天、おいしいと思います。しっかりとしてます。

こしあん、なぜか正方形^^;

たぶん、バットで作ってそれをカットして乗せてるのかなぁ と想像します

どうやらつぶあんもあるみたいです(つぶあんの方が好みだったので頼めばよかった。。)

こしあんはすごくなめらか。スプーンが簡単に入ります。

豆は塩気が少ないかな?求肥は変な着色がついてなくてよかったです^^; (たまにまっピンクの求肥とかでてくると自分は引きます^^;)

あと気になったのは蜜。自家製なのか?黒みつですがちょっと薄い気がします。これも好みですかね。もう少しコクがあるほうが美味しいと思うのですが、、

さすがに店構えがしっかりしています。

このディスプレイで食べたくなります。。

お値段が東京の甘味屋にしてはリーズナブルです。

あんみつ500円、ところてん480円(ところてんはちと高い気もする)

クリームあんみつ610円

そして、お土産用がしっかりとラインナップされてます。

これは買いたくなりますね。

店内で食べるよりもたぶん100円づつ安くなってます。

リーズナブルだ。

おじさん一人の甘味食べ歩きはなかなか罰ゲームくらい勇気いりますが、まあ、まあ周りは知らない人ばかりだし、観光客が多いので気にしなければOKですね(笑)

ホントはもう一件行きたかったけど、それは次回に。

京都の和菓子店「京みずは」さんにおじゃましてきました

京みずは

1月19日、京都 長岡市でネット販売を古くからやっている京みずはの北川社長にお会いしてきました。

もう10年以上前から知り合いなのですが、お店に行く機会がなく今回初めての訪問となりました

毎朝の朝礼風景。伊豆河童は週一しかやってません。。

餡子のもちを作っているところ。

和菓子屋さんの工場に入れてもらったのは始めてなのでいろいろと参考になりました。

3か月のカレンダーを貼って、先が見える可。

これはすぐやろう。

模造紙とポストイットで問題を見えるようにして解決へ。

ITが得意な社長ですが、アナログがいいところも積極的に活用してます

うむ、これは参考にしたいが今は売ってない。。

※俊介も磐田に来ることだし^^;

 

そして、午後は工場見学の皆さんと分かれて、充填機械の2社を訪問

なれない大阪で迷子になりながらたどり着いたらこのボード

この会社、女性が社長という事で他の機械メーカーと雰囲気が全然違います。

女性でも使いやすい機械の操作なども考えていて業界でトップだそうです。

https://www.naomi.co.jp/

そして箕面市からUFJ近くの機械メーカーに移動

まあ、慣れない土地はつかれます。。

ここでは、ところてんの包装機械を見させていただき社長様と1時間くらいじっくりとお話ししました。

業界の事など話せてとても有意義でした。

http://www.matsuda-kikai.jp/

でもって、今回の関西行脚は終わりです。

大阪駅では必ずここで買って新幹線で食べるのが習慣となりました。^^