伊豆河童ところてんの説明(English)

創業明治二年から続くところてんをご家族様でお楽しみください。
Enjoy our Tokoroten’s original taste and flavour that has remained the same and has never changed since1869.

天草伊豆半島は日本で一番の『天草(テングサ)』の産地です。
The Izu peninsula is the origin of best algae you can find.
その中から特に良質な伊豆稲取の海女の手摘みの最高級天草を中心にたっぷりと使っています。
We use plenty of high-quality algae hand-picked by Ama (woman divers) from Izu-inatori.

天草はところてんや寒天の原料となる海草で、煮溶かして冷やしますと固まる性質があり、製法は中国から伝えられ、鎌倉の初期の頃には京都の東西の市場に心太座(ところてん店)が開かれ販売されたと伝えられています。
Algae is the raw material of Tokoroten. It becomes a jelly-like texture when it is stewed and cooled down.
In the early days of the Kamakura era, people used this method from China to make “tokoroten” for people to enjoy at the market in Kyoto.

   

——————————————————————————————————————————————
ところてんは『水』が命です。
Water is the most important ingredient for Tokoroten.
伊豆河童の地下水は名水百選の一つ『柿田川湧水』です、四国四万十川を並び日本最後の清流と言われ
ています。
Our company sources it’s water from『Kakita-river spring water』which is one of “ Japan’s 100 most remarkable waters”.
柿田川は富士山の伏流水で、水量は東洋一を誇り、水面は独特の輝きを持つ清流です。
Kakita-river is groundwater from Mt. Fuji and the amount of water is the best in Asia.

製造は明治二年創業以来研究を重ねた独自の製法を、社長自ら製造をし、天草は伊豆産の中でも地区によっ
て微妙に異なる特性を加味してブレンド。コシ、かたさ等の調整をしております。
We reached own remarkable and unique manufacturing technique after many years of research since 1869.
The owner himself is involved in the process of making it. The algae has slightly different qualities in various regions. We use these algae and blend them to create the perfect texture of our Tokoroten.

この天草をとろ火でじっくりと時間をかけて名水で煮溶かし、布で3回漉して滑らかにしたのもを肩に流し
込んだ後、常温でゆっくりと自然冷却して仕上げます。
The algae is slowly stewed for hours with Kakita-river spring water. It is then strained 3 times, poured into a metal cooling pan and finally, cooled slowly at room temperature.

手間も時間もかかりますが、原藻から造る物の香り、歯ごたえ、舌触りことが、長年愛されてきた『ところ
てん』ならではの味わいです。
It takes skill and time to create the texture and aroma of our Tokoroten. We strive to consistently continue putting in our utmost effort to retain it’s reputation.

国内製造と、国外製造して袋詰めだけ国内作業の糸寒天 の見分け方

糸寒天

先日の寒天のテレビ放送で、いろいろ思うことあり書きましたが、

では、実際に商品で見分けることができるのか?ということ。

正しい表記はまだ確認中ですが、外国で作ったものを国内で袋詰めした商品の表記は「原料原産地」を記載しなければいけません。

が、書いてないものも多いです。

これではわかりません。

 

では、実際に商品を手に入れてみました。

 

そしたら衝撃の事実がっ!

こちらです

↓ ↓ ↓

もっと寄ってみましょう

これが国産(国内製造)品です

↓↓↓

そしてこちらが外国での製造品

↓↓↓

比べてみるとわかりますねー

なぜそうなるのか?

日本の糸寒天の製造はこちら

(寒天問屋森田商店様HPより抜粋)

残念ながら外国での製造現場の写真は見つかりませんでした。

外国産でもちゃんと作っていればキチッとまっすぐなものもあるかもしれません。

が、間違いなくうねうねと曲がった糸寒天は国産ではありませんね。

また、棒寒天は外国産は聞いたことがないので国内と思って間違いないと思います。

残念ながら粉寒天に関しては商品から見極めるのは極めて難しいと思いますので正しい表記をしていると信じるしかありません。。

まあ、粉寒天は国産の原料を使うとものすごく高くなるので、ほとんどありません。※伊豆河童はありますが、^^;

http://www.tokoroten.co.jp/category/itokanten

NHKで寒天特集やったのはいいのですが、、少々怒っています

いえ、NHKに怒っているわけではありません。

寒天の特集とか、専門店でやっている弊店ではありがたいことです。

しかしながら前から思っていたのですが、寒天はちょっと解り難いところがありまして、そこをうまくグレー的に表示してあたかも国産であるかのような誤認させる販売店が多数あることです。

そもそも寒天は天草100%のものとおごのりなどを混ぜて作るものがあります。

※特にオゴノリは安価な外国産が大半で、高価な国産はほとんどありません。

ここをひっくるめて「海藻(紅藻類)」としていること。

当然天草の方が価値が高く高価です。おごのりはそのままでは寒天質が弱いのですが、アルカリ処理などをして寒天同等の固まり具合になります。

 

また、さらにひどいのは、原料の産地です。

JAS法の加工食品品質表示基準では、輸入品にあっては、原産国名を記載することを義務付けている。ここで言う「輸入品」とは、

①容器包装され、そのままの形態で消費者に販売される製品(製品輸入)
②バルクの状態で輸入されたものを、国内で小分けし容器包装した製品

とあります。

↓消費者庁のページ ※(問1)より抜粋↓

http://www.caa.go.jp/foods/qa/kyoutsuu01_qa.html

 

しかしながら、原材料が海外にもかかわらず原産国名の表記がなかったり

「国産寒天」などの表記で、外国産の原料(もしくは寒天製品)をバルク輸入(一括輸入)して、国内で袋詰めだけしているものも国産寒天と表記しているものが多々あるのです。

小さく書かれた字をよーく見ると 国内で加工、国内製造などと表記しています。

 

外国産の原料が一概に悪いとは言いません。

伊豆河童も、外国産の原料を使用している粉寒天も扱っていますが、はっきりと国内製造、原産地「チリ・モロッコ・インドネシア」等と表記しております。

 

黙っていようかと思っていましたが、専門店としてこれは見逃してはいけない。消費者をだましている行為だと。
さらには業界の衰退と後継者不足を加速させる行為と思いブログに書いてみました。