仙台 初、永勘染工場に!

仙台に行った帰り、伊豆河童の暖簾を作ってもらっている永勘染工場さんに寄らせてもらいました。

お店の前で、永野さんと!

▼お客様の様々な色に対応するために、いくつもの刷毛を用意して、できるかぎりお客様の要望にあった色に仕上げているそうです。

笑顔が素敵な永野さんです^^

▼染め上げたら木製の柱に紐で引っ掛けて干していきます。

この方法であれば、自由に高さを調整できるからだそうです。

▼ こちらもお客様の要望の色に合わせるための調合の工程です。

お客様ひとりひとりの色に染めていきます。

▼型を作って仕上げています。

▼素敵なお店も前掛けでおしゃれになっています。

ぜひ一度、お店に寄ってみてください。

http://www.norenya.co.jp/

株式会社永勘染工場
〒984-0814
宮城県仙台市若林区
南染師町13番
TEL:022-223-7054
FAX:022-223-9719

春の羅漢さんで、仕事仲間と伊豆の旬を味わってきました。

桜が散って新緑がとても澄んだコントラスト

伊豆で一番いい季節だと思うなぁ

わさびの花がまだ残ってました。

筏場から羅漢さんへ行く途中

水の神様。

この水を汲んで、この後羅漢さんで料理に使ってもらいます。

手作りわさび漬け、ばあちゃんが作ってます

^ ^

わさび農家でしか作れない贅沢な逸品

 

で、羅漢さん到着

※友人撮影

味噌樽の部屋で春の前菜

※友人撮影

 

火を囲んでタケノコが焼けるの待ちます

取れたてのタケノコを焼きたてで。

ほくほく、柔らかく最高

敦子さんのタケノコ調理を撮影(笑)

最後はいろりを囲んでの食事です

このごはんが絶品だったなぁ

やっぱり釜で炊くと違います。

 

おこげがあるとやっぱりおいしい。

今回も伊豆の旬をたっぷり楽しめました。

東京からたくさんの仕事仲間が来てくれました。

みな大満足の大人の遠足でした^^

あ、サプライズで誕生日祝ってもらいました

スラバヤに乾燥こんにゃくの旅 その1 インドネシアのむかごこんにゃく畑を見に行きました。

4/17~インドネシアに行ってきました。

ジャワ島の東、スラバヤという街です。

観光地で有名なバリ島のすぐ西隣。

飛行機でもちょうど一時間でつくところです

ここに伊豆河童が販売しているゼンパスタ、ゼンライス(乾燥しらたき、乾燥こんにゃく米)の原料のむかごこんにゃくの畑と工場があるのです

上記は印は農場の位置です。

もうスラバヤは北部の海に近い町ですが、山の奥地に畑があります

 

一時間ほど車を走らせ、どんどん山奥に、、、

かなりの急こう配の山を登っていくと、ありました。。畑が、、、

こちらが無農薬有機栽培のこんにゃく畑です。

無農薬でどんどん生えてますが、あしたばの畑の中にぽつぽつとこんにゃくが上てあるんです

これがむかごこんにゃくの種イモ

これが大きくなるんですね

これは珍しいこんにゃくの花、、、 が散った後^^;

農場の管理の人たちと、こんにゃく工場の社長、輸入代理店の社長と

こんな山の中

バナナのフライをいただきました。。

バナナは生が一番おいしいと思うんですが、現地の人は、生で食べるのは飽きちゃって、いろいろ調理してるみたいです

社長はいろいろと好奇心旺盛で、同じ有機JASの畑でコーヒー豆や

唐辛子も栽培始めてました

続きは、また今度

静岡おでんフェスティバルに行ってみました。

ちょっと前ですけど、静岡で開催されていたおでんフェスティバルに行ってきました。

img_4890jpg_25729234386_o

伊豆河童も来秋からおでんを計画してるんですけど、その勉強です

img_4894jpg_25124910734_o

串が刺さってるのが静岡おでんの特徴ですね。

もともとは串の数で会計するためにこのような形になったみたいです。

img_4897jpg_25124940284_o

こちらオーソドックスなおでん

静岡おでんではないですね。

どちらかというと静岡県ではあるのですが、伊豆東部地域は静岡おでんの文化はないので汁たっぷりのおでんが個人的に好きです。

img_4902jpg_25128868913_o

これはどこのおでんだったか。。 鶏肉が入るとちょっと脂がでるのでうまみが増す感じです。

このおでんは美味しかった。

こんにゃくがたぶん手作りで味しみ、食感が最高に美味しかった。

やはりこんにゃくは手作りですな。

img_4905jpg_25729534406_o

練り屋さんのおでんでした。

練り物個人的には大好きですが、なにも入ってないものはちょっと物足りない。

ゴボウまき、青じそまきいいですね。

個人的には蛸、イカ、などはいってるのが好き。

img_4907jpg_25125130914_o

石巻のおでん。

ここだけはバラで販売していたので、手間もかかるのか?行列でした。

おいしそうなものはすでに売り切れ。。

img_4912jpg_25455000360_o

姫路おでん

練り物中心で、生姜が効いた出し汁でした。

こんにゃくが姫路城の形してた。。。 (でも味はイマイチかな)

img_4919jpg_25125469504_o

おでんは日本酒が合いますねー

img_4921jpg_25455248370_o

一番目立ってかな。

賑わいのある店づくりも大切だな

img_4922jpg_25634998442_o

ここもオーソドックスな静岡おでん。

img_4925jpg_25756039005_o

地元の大学生が新しいおでん作ってました。

これがそう

img_4926jpg_25756046755_o

まあ、変わってるけど、物足りないなぁ(笑)

 

ということで、いろいろ視察してきました。

まず手始めに、5/4.5 清水町のかわせみマルシェで河童のおでんお披露目開始です

https://www.facebook.com/events/1749670968599265/

静岡おでん2軒、話題の居酒屋、隠れ家的Barを堪能 伊豆河童のおでんはどうなる?

先日、静岡市内の友人に本場静岡おでんを食べに連れてってもらいました。

最初は、3時半の開店とともに満席になるという居酒屋泰平

3時半に予約していきました。

img_4666jpg_24212907524_o

あっという間にカウンターは常連さんで満席

奥の座敷だけ少し空いてましたが、1時間くらいですべて満席

まだ5時前なんですけど^^;

img_4667jpg_24473456429_o

どうやら静岡は牛筋がお好き?

img_4668jpg_24814825456_o

やっぱりマグロの刺し身ですね

img_4669jpg_24814827656_o

まずは、1件目、青葉横丁というところの三河屋

横丁の中でも一番有名らしく、カウンター12席だけの店ですが、予約しないと入れません。

名物は、レンコン揚げらしいです(おでんじゃない(笑))

おでん、揚げ物、焼き物と3種類からすきなモノ選べます

まずは牛筋のタレ焼き

img_4675jpg_24473497629_o

名物のレンコン揚げです

img_4676jpg_24841120465_o

やっとおでんです

img_4677jpg_24545628450_o

何がおススメ?と聞いたら、まずは三点盛りかなと

こんにゃく、黒はんぺん、牛筋

img_4679jpg_24747680731_o

この三河屋さんは青葉横丁というところにあります

img_4687jpg_24814902966_o

続いておでん横丁の幸多路(こうたろう)

img_4688jpg_24814906686_o

お店の前に、おでん横丁のこの雰囲気に驚きます。

あ、写真中央のおにいちゃんは、特に知り合いではない酔っ払いさんです

ここは特に有名というわけではないのですが、友人の和食料理人がおススメということでした。

おでんはやはりみんな串にささってます。

会計の時に串の数、数えてたのでみんな同じ値段なんですね^^

img_4692jpg_24747723251_o

静岡のお酒が並んでます。

静岡県は結構酒どころなんです

img_4693jpg_24814920716_o

となりの席のおっちゃんが、珍しいもの持ってきて、食べろと

白いいちご珍しい。美味しかった。

貴重なお土産じゃないのか?おっちゃん家帰って怒られなければいいけど

img_4699jpg_24213025484_o

img_4700jpg_24814937096_o

幸多路のおかあさん、ゆっくりした口調で話す落ち着いた感じが最高です。

img_4701jpg_24814939006_o

最後は静かなバーへ

 

img_4708jpg_24545723750_o

センチュリーホテルの総料理長おススメのところです

 

img_4713jpg_24473619869_o

なんと、鴨とコンソメスープのカクテル

img_4714jpg_24214392043_o

で、和菓子風のカクテル、とろっとしてておいしかった。珍しい

img_4716jpg_24545748190_o

 

青葉横丁、こんな感じで小さなおでん屋さん、居酒屋さんが並んでます。

 

 

 

おでん屋2件はしごして、お腹も心も満足した一日でした。

中伊豆の山葵田の中にある和食レストラン羅漢さんに行ってきました。

羅漢

伊豆の山奥に、一日一組限定のお店があります。

「羅漢」

地元の食材を使って、ゆっくりゆったり食事するところです。

 

場所は伊豆の山奥

周りはわさび農家さんばっかりのなかにポツンと一軒家で営業しています。

 

今回はお昼から夕方7時頃までお邪魔してきました。

3か所でお食事をとり、その料理もとても繊細で伊豆の旬を感じるものばかり。

 

そしてなんといっても盛り付けが素晴らしく。とてもきれい。

店主、加藤敦子さんのおもてなしが最高です。

 

 

まずはワサビ田見学。伊豆の筏場という産地で真妻ワサビの栽培について

加藤さんからいろいろ聞きます。中伊豆筏場のわさび田

この地区の人はなまって「わさびざ」って発音するそうです

今年は1カ月くらい早くわさびの花も咲いています。

24120036830_543fd1b09b_z

途中、わさび生産農家さんで、わさび漬けやわさび味噌を見学

img_4533jpg_24307397752_oimg_4537jpg_23787474354_o

そして、羅漢さんへ

味噌大樽をひっくり返した小屋で梅酒と前菜

img_4552jpg_23787524234_o

img_4563jpg_24047943969_o

前菜が終わったら、次のお料理を待つ間。

飼っている梅山豚(メイシャントン)と黒豚のハーフのこえみちゃんと遊ぶ。

そして、前半の目玉でもある、盛り付けが最高にきれいな食事の登場です。

24415779045_4f21d82c70_z

天城の山奥でも海は遠くないので、海の幸も。

img_4583jpg_24120212450_o

わさびは最高級の真妻わさびをその場で摩り下ろします

img_4582jpg_24333356351_o

しいたけそば。 驚いたことにしいたけのかつら剥き?でしいたけそのものをそばにしています。img_4617jpg_24389696056_o

 

次はいろりを囲んで、美味しいお食事と美味しいお酒が次々とでてきます。

img_4620jpg_23789146713_o

熱燗は灰でゆっくり温めます。

img_4600jpg_24048066459_oimg_4603jpg_23787689464_o

いろりを囲んでの食事最後は焼きおにぎりを、地元の季節のお漬物で。

そうそう、お茶漬けもあります。img_4635jpg_24048156409_o

最後はデザート。茶色いのはこんにゃくのチョコレート!びっくり

チョコろてんの次はこれか?(笑)

日が落ちてからは、やさしい明りで昔懐かしい障子での影遊びなんかもできます。

最後は今回、参加のメンバーで^^

 

とてもゆっくり流れる時間の中で、

伊豆の新鮮な食材で素敵な料理とお酒をゆっくり楽しめます。

 

ちょっと遠いですが、おススメです。

伊豆市地蔵堂299-2

「羅漢」  不定休 要予約(一日一組限定)

 

あけましておめでとうございます

といってももう1週間過ぎちゃってすみません。。

 

毎年ですが、年末年始のお休みは多めにとってます。

伊豆河童はところてんがメインなのでやはり冬はゆっくりできます。

 

で、年末は家の大掃除から年賀状の作成^^;

年始は元旦から妻の実家へご挨拶&お墓参り

でついでに羽田国際空港に視察に行ってまいりました。

 

9月末にカナダへ弟の生存確認旅行に出かけて見つけた伊藤園の和風カフェ

取引先にもこのカフェもう一度見てきてって言われてまして、自分も行きたいと思っていたので、これ目当てだけで行ってきました。

 

まあ、元旦なので道路は空いていてよかったです。

 

今年は工場売店を一部飲食できるようにしたく、あんみつなどもやる予定です。

その関連で、見学です。

21691468988_1e6720fc97_k

おいしそう。

いや、美味しかった。

しかもお客さん結構並んでたし

21888894201_f389dae24e_k

白玉がおいしい

あんみつはもう少し固めの粒餡だった

プラスチック容器ということは消費税あがっても8%のままなのかな?^^;image_24239607055_o

ソフトクリームは抹茶とほうじ茶。

サクサクっとしたお菓子がおいしかった。

※あんみつのぎゅうひはいらないなぁ(と個人的に、、、)

image_23611363804_o

ちょっと高いけどまあ羽田の価格ですね

image_24213498246_o

メニューもこんな感じで見やすい

image_24239609375_o

雰囲気もいいですねー

 

ということで昨日、保健所に行って来ていくつか指摘を受けたのでそれを直して早めにやりたいなーって思ってます^^;

ところてんはもちろん、あんみつ、冬はおでん。

 

なんかワクワクしますねー

蛸長

京都で美味しいおでん屋って?

 

京都に用事があったので、おでん屋に行きたいと思ってました。

なぜ京都のおでんとか響きがいいのか?

 

京都に住む友人に聞いてみたが、「いや特に、京都でおでんがおいしいとか聞いたことないなぁ」と。

 

とはいえ、調べてもらったら「蛸長」というところが有名らしい

おでんに興味がない友人もここは知ってました。

22644760494_3936c6471e_k

ということで18:30からということで18:00に行ったらまだ誰も並んでなかったので近くの喫茶店で待機。

「あそこの蛸長っておでん屋さん、並ぶ?」と喫茶店のバイトであろう子に聞いたら、「いや、別に並んでるの見たことないです」って。

それならいいやと直前に行ってみたら、並んでるやないかーい。

 

しかも座席数は調べてあったので、数えてみたらちょっと初回には入れなさそう。。。

 

泣く泣く2巡目まで待つことに。

一緒に並んでいた家族に話しを聞いたら、「昨日も来たんです。香箱蟹がおいしいですよ」と。

 

で、やっと順番が回ってきて香箱蟹頼んだら、もう終わっちゃったって。。

一日限定数しかなくて、来る人みんなが頼むのであっという間になるなるらしい。

23273248215_04394ad8cb_k

まあ、しょうがないとメニュー見ながら選ぼう、、、

って、メニューが読めん。。

22644827464_0f89aef6ed_k

 

まずはビールを、、

と頼もうと思ったら、

「ちょっと待ってくださいね。こちらから聞きますので」って言われしばし待ちます。。

 

おでんは準備とかいろいろあるみたいで、準備が整ったら

「何にしますか?ものによってはお時間いただくものもありますが」

と。

とはいえ、メニューで読めないものもいくつかあるので聞いてみると、ひとつづつ丁寧に答えてくれる。

まあ、うちはこんにゃくも作っているので、とりあえず蒟蒻と、、飛龍頭、蛸、宝袋

23247059926_a21418b2e8_k

続いて、

23273245845_c248c9b3bb_k

鴨捏、巻甘藍、玉子、海老芋

あと、写真にはないけど、湯葉、大根、鯨須子(さえずり)

もちろん、自分ではなくかみさんと一緒です。

(一人じゃそんなに食べられません。。)

 

最後に七五三結

22644830264_33e5cbdafc_k

これがうまかった。

蛸の混ぜご飯?に出し汁で葱のせ。

蛸好きにはたまらないお店ですね。

 

お味は、やっぱり関西風であっさりなおでん汁

お皿にはたっぷりな葱と和辛子。

味しみが必要な種は十分に味が染みるまで待たされますが、

その分、美味しいおでんが食べられます。

 

来年はぜひ香箱蟹を食べに行きたい。

 

ちょっとお値段は高めです^^;

http://tabelog.com/kyoto/A2601/A260301/26001610/

カナダに弟の生存確認

だいぶ遅くなってしまいましたが、9月末から約1週間、バンクーバーでカフェをやってる弟に会いに行ってきました。

自分もカナダ初めてだけど、妹も母親ももちろん初めて。

※父は飛行機がどうしてもいやで行きませんでしたw

 

もう16年ほどカナダに住んでる弟ですが、昨年念願のカフェをオープンしてなんとかやってるようです。

ちなみに1日は自分だけ別行動で高校の同級に会ってきて、こんにゃく麺、こんにゃく米の試食大会を開きましたー!

image_22876490973_oimage_23207880960_oimage_23207885990_oimage_23395130162_oimage_23503646845_o

事前にバンクーバーのいろいろなスーパーで市場調査。。

で、夕方からカナダの人集めてもらって試食です!

image_22875301734_o21693786209_96ace74e88_k21880627385_8982b6310e_k21890288151_b18141cff1_k

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元気なカナダの人たちは、あれやこれやと大騒ぎで、ああしたほうがいい、こうしたほうがいいと、いろいろなご意見いただけました^^

さっそく、北米向けに商品化を考えました^^;

 

21272626174_2f30c207f7_k

オマケ。有名なチョコレート屋さんだそうです

THOMASHAASとか言ってました。

21306414173_4d1d969bf1_k 21739872228_1b9f0f316c_k

ここが弟のカフェです EAST CAFE

http://www.theeastcafe.com/

バンクーバーに行ったらお時間あったら是非^^;

 

で、ここからは観光です

21307237093_ddb6084925_k

オリンピック会場

21868116862_953ca0eb1b_k

弟の飼ってる犬です

21304681814_ab9478f15e_k

案内のおじさんいるのに勝手に案内しちゃってますw21322834014_5ca78da68a_k 21691507130_461763e7fa_k      21913621406_fe144477b4_k21903281401_e6357c91e6_k

無事に弟の生存確認もできたバンクーバーの旅でした^^

博多~久留米~飯塚 九州視察旅行

福岡へANA

9月10日から13日まで福岡に行ってきました。

先づは、久留米の有名な富松さん
九州では鰻はセイロ蒸しだそうで

鰻にうるさい静岡県人も唸りました。

錦糸卵乗せのセイロ鰻。

美味しゅうございました。
視察第一弾は、ものづくりにこだわる宮田織物さん
 で、でかい、、

機織り機です。

すっごく細かい作業

 社長の吉開さんの後についてきます。

それにしてもすごい機械の数


ものづくりの工場。

手作業が多いです。

 海外の学生さんも勉強に来ています。


▲綿入れの熟練技▼
半纏、今年の冬は新調しようっと。


博多の街で懇親会。

  
翌日は、ユリシーズ魚住さんと、おつうじや社長の石井さん

http://www.kaichou.com/

http://ulysses.jp/

そしてOSMC会長の森本さんのTOC研修でした。

https://www.kokyou.jp/

  
▲元祖長浜ラーメン

システムがよくわからんぞ(; ̄O ̄)

美味しかったけど、、、

▲ 懇親会は、もつ鍋

こんなおしゃれなもつ鍋屋って初めてです^^;

そして再び宮田織物さん 
最終日は実店舗視察
  
  
  

で、やっぱり茅の舎

このおでんつゆ
うまい!

 ネットのたまご販売といえば、、畠中育雛場

たまごんカフェ

育雛場って、ひよこから生育するまでの施設です。   有名な、たまごんプリン♪

  

たまごとごはん食べ放題の卵かけごはん。

めっちゃうまいです。二杯しか食べられませんでしたけどー


たまごんアイス、チョコですねこれもまたうまし!

〆は博多のうどん。どうしても食べてきてくださいって福岡の人に言われて、飛行機ギリギリの時間に空港で。

急いでたので扱ったイメージしか残らなかった。。

ということで2泊3日の九州視察が終わり。

今回はものづくりの宮田織物さんの理念や思いが強く残りました。

宮田織物さん

http://miyata-orimono.co.jp/

お買い物はこちら

http://www.e-miyata.com/