四ツ谷 てるなり オープンイベントにところてん!

ミシュラン一つ星「鈴なり」の村田シェフのなんともおしゃれな2号店

ここ「てるなり」のオープニングイベントに参加させてもらいました。

村田シェフのフレンチの様な和食に感動。

見た目も流石だがやはり美味しい!

説明されてなるほど〜と唸ってしまいました。

伊豆河童が提供したところてん。

こんなにおしゃれになってしまうところてんって。。

レバパテとうなぎパイを合わせてしまうとは!

鮎につけるソースが絶品

柔らかいにこのシャリッとしたトッピングが何とも言えないほど食感がいい。

たまに出てくる純和風の出汁スープが絶品

クレームブリュレを竹に入れてるΣ(゚Д゚)

 

まだ本店の鈴なりには行ったことがないのでぜひ近いうちに行きたくなってしまったです。

tokoroten japan talk

日本の伝統食品 ところてん

何年もお客様を前に試食販売をしていますが、外国に人には受け入れられるのだろうか?

今までは百貨店などの催事販売で外国人が試食すると

欧米人、酢醤油のところてんはほぼダメですね。そのまま口から出す人もいます。

黒蜜はかろうじて舐める人はいましたけど、、^^;

アジアの人は黒蜜は大丈夫みたいです。BrownSugar

今までで一度だけ酢醤油を食べられると言ったのは中国人でした。

聞いたら私の町でも食べられる「凉粉」と同じですと。

ネットで調べたところ確かにところてんのようなものみたいですね。ちょっと唐辛子とかのっているのが標準みたいです。やはり中国、黒酢でたべるみたいです。

でも天草から作ったところてんではなく緑豆から作っているようです^^;

最近、テレビでインバウンド向けの日本の居酒屋(新橋)が紹介されたんですが、どうもところてんが大人気だそうで、テレビでもクイズになってました。

偶然、ネットで日本食の紹介サイトがあったんですが、ところてんが載っていてなんかとっても嬉しい。

https://www.japan-talk.com/jt/new/tokoroten

春の羅漢

昨日、久しぶりに羅漢さんに行ってきました。

仕事の仲間で遠くは九州からも!

あいにくの雨でしたが、敦子さんのやっぱり素敵なおもてなしでみんな大満足。

筏場の山葵田も初めての人中心にしっかり説明してもらいました。

わさび着けも、みんなどっさりお買い物(笑)

7代も続いているわさび農家で説明する敦子さん

筏場のわさびもちょうど花が咲いていてきれいでした!

まずは味噌樽の小屋で前菜。

菜の花がとってもきれいで特にこんにゃくと生姜のマリネおいしかった!

場所を移して、きれいな盛り付けがずらり!

感動の瞬間です

雨だったので梅山豚も寝ていて出てこなかったけど(笑)

刺身もうまい。聞かなかったけど金目?おいしかった。

 贅沢に生わさびを。

本物は辛すぎず、ほんのりツーンと香りがします。

本物を知るとまがい物は食べられません。


これ、なんて言ったっけ?囲炉裏で温める日本酒

答え → 焼き燗 でした。

鶏肉のエキスパートに天城軍鶏を炭火で焼いてもらいました!

さすがにうまい!!

 

今回は孟宗竹で竹の香りたっぷりのご飯を炊いてもらいました!

うまい~♪

旬のお漬物もおいしくて箸が止まらない。。

今回の参加メンバーです。遠くからありがとうございましたー

また違う季節に来たいなぁ。

無添加手作り味噌作り 体験

いつか行ってみたい。

そう思っていた場所にやっと行ってきました。

横浜の小泉麹屋

インターネット通販の黎明期、

何名かいたレジェンドの一人、小泉さん

自分もまあまあ早めにインターネット通販に飛び込んだ方だが、その2年も前に始めていた。

「味噌が売れるんだ。。。」

「あれ?手作り味噌セット?」

そういうのでどんだけ売り上げるんだろう?

いつもそんな風に思っていたけど、なんとなくつながりができずに15年も経ってやっと最近つながることができました。

▼麹を発酵させる木箱です。なんかいい雰囲気

▼これが米麹。

麹屋さんの麹菌はお米の外にふわふわが出てきて、このままちょっと食べさせてもらったら、、、

おお!甘くなってきた!噛むと唾液で反応してあま~くなってくる

▼手作り味噌セットの発送場所です。

築何年の建物だろう?すごくいい雰囲気

そして、こっち向いてるのが店主のこいちゃん

▼これが麹菌。

麹菌って何百種類もあってこれで味噌の味が変わるらしい

この後、こいちゃん(小泉麹屋店主)の使っている麹を見せてもらったけど、これは最大の企業秘密。

ふふふ、これがおいしいみそを作る素か~ と感心

▼こちらは確か麦の麹菌

お米と違って ふっ と息をかけるとふわっと菌が舞ってました

そして、こいちゃん自慢の3S

整理整頓躾。 写真でも大体わかるけど、説明聞いてさらに「おお~すごい!」

机の引き出しもこんな感じ!(゚Д゚;)

▼工場の道具もこんなきちんとしているところは見たことない

▼機械の電源も使っているしゃもじも危険なことを最大限に大きく表示

▼そして、こちらが手作りお味噌のもとの大豆

こいちゃんがその大豆を前の晩に柔らかくなるまで煮込んでます

▼そして、うまく作れたらその場で表彰♪

たのしい!!

▼そんな感じでできた自分のみそ

9月ごろが食べごろだそうで、もうまちきれないーーーー

京都の和菓子店「京みずは」さんにおじゃましてきました

京みずは

1月19日、京都 長岡市でネット販売を古くからやっている京みずはの北川社長にお会いしてきました。

もう10年以上前から知り合いなのですが、お店に行く機会がなく今回初めての訪問となりました

毎朝の朝礼風景。伊豆河童は週一しかやってません。。

餡子のもちを作っているところ。

和菓子屋さんの工場に入れてもらったのは始めてなのでいろいろと参考になりました。

3か月のカレンダーを貼って、先が見える可。

これはすぐやろう。

模造紙とポストイットで問題を見えるようにして解決へ。

ITが得意な社長ですが、アナログがいいところも積極的に活用してます

うむ、これは参考にしたいが今は売ってない。。

※俊介も磐田に来ることだし^^;

 

そして、午後は工場見学の皆さんと分かれて、充填機械の2社を訪問

なれない大阪で迷子になりながらたどり着いたらこのボード

この会社、女性が社長という事で他の機械メーカーと雰囲気が全然違います。

女性でも使いやすい機械の操作なども考えていて業界でトップだそうです。

https://www.naomi.co.jp/

そして箕面市からUFJ近くの機械メーカーに移動

まあ、慣れない土地はつかれます。。

ここでは、ところてんの包装機械を見させていただき社長様と1時間くらいじっくりとお話ししました。

業界の事など話せてとても有意義でした。

http://www.matsuda-kikai.jp/

でもって、今回の関西行脚は終わりです。

大阪駅では必ずここで買って新幹線で食べるのが習慣となりました。^^

 

 

河童のおでん大盛況です。

河童のおでん

先週の土曜日

やっとリニューアルオープンいたしました。

これからの伊豆河童は

春夏・・・ところてん、あんみつ

秋冬・・・おでん

をメインでやっていきます。

土曜日のオープンイベントにはたくさんのお客様が食べに来てくれました。

おでんの営業時間は、

日曜祝日除く 12:00~18:00 まで

店内では、おでんの他、もちろんところてん、あんみつも食べられます。

一応、ビール、日本酒も用意しております^^

夕方以降も要望があれば貸し切り等で営業も致します。(MAX24名)

ぜひお待ちしておりまーす。

一番の売りは

母が小さいころから作っていた肉巻き巾着。

しらたきと人参、シイタケ、鶏ひき肉を巾着で包みます。

ダシが染み込むと、鶏のうまみと合わさってめちゃくちゃうまいです。

あとは、やっぱりこんにゃく。

この時期、生芋こんにゃくを手作りで作っているので、ほんとにこんにゃく自体に味がしておすすめです♪

くまモンに会いに。そして地獄めぐり 熊本~大分旅行

馬刺し 熊本

 

熊本へ行ってきました。

実は初熊本です

熊本どころか初大分も体験してきました。

熊本には、仕事を依頼しているパートナーも住んでいて

親戚が益城町にも住んでいました。

また、別の友人が食堂をやってるんですが、震災にあい大変な時期を過ごしてきました。

そんな仲間に会いに行ってきました!

アンド、本場の馬刺し食べに・・

熊本城はテレビで見るだけでしたが、想像以上に崩れてました。。

完全に戻るには20~30年とか

大河ドラマが好きで毎週見てるんですが、加藤清正が改築したとあって、勝手に親近感持ってます、、

大分では、別府地獄めぐりという体験してきたんですが、勝手に伊豆の七滝をイメージして

いろんな温泉に入れるのかと思ってたら笑われた

あんな真っ赤な温泉に入ったらホントに地獄だったろう・・

別に、治療のために来た訳ではないですけど。

ところてんの伊豆河童も入っている楽友商店会で大阪に行ってきました!

まずは、楽友商店会の総会前日に、大阪千日前~小路という駅に

実はわたくし、ところてんの伊豆河童を継ぐ前に、三菱食品(旧菱食)ではたらいてまして、そのサラリーマン時代に隣の机だった同期に会いに。

で、大阪の飲みに行く前に阪急オアシスというちょっときれいで都会的なスーパーへ

実は今年の新店から伊豆河童のところてんを置いていただいております^^

▼ここで特選品として販売していただいております。

※定番の他のメーカーさんのところてんは、98円で特売しておりました。。(汗

ということで視察も終わって、同期と天満の飲み屋街へ

久しぶりの再会でいろんな話もしましたが、お互い年取ったなぁ って結論ですかね^^;

で、天満のホテルに泊まって、楽友商店会総会へ


まずは、熊本で飲食店をやっていて先日の地震で被災し、ボランティアで奔走していたお話を聞きました。

春の羅漢さんで、仕事仲間と伊豆の旬を味わってきました。

桜が散って新緑がとても澄んだコントラスト

伊豆で一番いい季節だと思うなぁ

わさびの花がまだ残ってました。

筏場から羅漢さんへ行く途中

水の神様。

この水を汲んで、この後羅漢さんで料理に使ってもらいます。

手作りわさび漬け、ばあちゃんが作ってます

^ ^

わさび農家でしか作れない贅沢な逸品

 

で、羅漢さん到着

※友人撮影

味噌樽の部屋で春の前菜

※友人撮影

 

火を囲んでタケノコが焼けるの待ちます

取れたてのタケノコを焼きたてで。

ほくほく、柔らかく最高

敦子さんのタケノコ調理を撮影(笑)

最後はいろりを囲んでの食事です

このごはんが絶品だったなぁ

やっぱり釜で炊くと違います。

 

おこげがあるとやっぱりおいしい。

今回も伊豆の旬をたっぷり楽しめました。

東京からたくさんの仕事仲間が来てくれました。

みな大満足の大人の遠足でした^^

あ、サプライズで誕生日祝ってもらいました