フィレンツェ行ってきました(初)

今回、せっかくイタリアに行ったので

フィレンツェまで足を延ばしてきました。

というのも高校の時の同級生がもう15年ほど住んでいて、せっかくなので案内してもらおうかと(笑)

 

まずはトリノから夕方にフィレンツェについたので軽く夕食

友人がおススメでしかも混んでないのにフィレンツェの街のいいところが一望できるレストラン!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

めっちゃ眺めのいい、そして責任者の奥さんが日本人という事でめちゃ親切でおいしかった~♪

そしてそのあとは、なんとオペラを見に!

実はオペラって見たことがなくて、しかもイタリアなのでとりあえずあらすじだけでもと椿姫のあらすじだけは読んどきました。

http://www.geocities.jp/wakaru_opera/latraviata.html

オペラって高くて難しくて敷居が高いと思ってたんだけど、なんと€10!!

まあ、上階席の端の方だったけどこんな価格でみられるとは知らなかった。

本場ミラノとかはやはりもっと高いらしいですけど、、(でも実はオペラの発祥はフィレンツェだとか)

英語の字幕も出ていたので、なんとなくわかりやすかった^^;

 

2日目はフィレンツェ市内観光

初のフィレンツェなので事前の予習という事でインフェルノ見ときました。

http://www.bd-dvd.sonypictures.jp/inferno-movie/#!/

ドォオモは朝散歩した時から長蛇の列だったので、あきらめました。。

 

午前中は、フィレンツェ一望できるミケランジェロ広場から1000年を迎えるサンミニアートアルモンテ教会

ここは、観光客でごった返す街中と違って、訪れる人も少な目で静かに歴史ある教会を見ることができます

フィレンツェ見所案内 サンミニアート・アル・モンテ聖堂

ミケランジェロ広場からの眺め。。めっちゃ観光客いっぱいでした^^

 

ヴェッキオ宮殿は前を通っただけです^^;

有名なヴェッキオ橋

昔は食肉屋さんがほとんどだったらしいが、メディチ家の時代に一掃して今はジュエリー屋さんが並んでます。

あまり関心がないので、ほぼスルーw

ヴェッキオ橋は2階に回廊があって、メディチ家専用の回廊だったそうで、ヴェッキオ宮殿、ウフィツィ美術館、ヴェッキオ橋、ピッティ宮殿とつながっているそうです。(ヴァザーリの回廊)

 

そして少し買い物タイムで、フィオレンティーナのユニ買っちゃいました。

しかも名入れww

その後、メインのウフィツィ美術館へ

めっちゃ込みでしたが予約してくれていたのであまり待たずには入れました。

確かに広かった、、、じっくり見たら2時間くらいはかかりますかね~

見終わったら疲れちゃって2時間弱ホテルで仮眠、、

夕食は、有名なTボーンステーキ

 

そして最終日は朝、軽く散歩してインフェルノの最初のシーンの塔を探しに、、

なんと壁に囲まれた中庭にあったので結構時間かかった、、というか迷子になりそうだった

そして出発時間まで楽しみにしていたワイナリー見学

フィレンツェからバスで30分 たった30分ですごくのどかな風景に!!

ワイナリーの娘さんに丁寧にワインとオリーブオイルの説明を受けてます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

いやー、たのしいフィレンツの旅でした。

食品やってるのでやはりワイナリーが一番、興味があって楽しかった。(もっと芸術に興味もてって、、^^;)

目いっぱい楽しんで日本に帰ってきました。

 

 

※一番冷や汗かいたのが、帰りの飛行機に乗るためにミラノまで高速鉄道に乗ったのですが、あやうくひとつ前でおりそうだった、、

というか一度ホームに降りてしまって、なに?ちょっとちがう?と思ってその辺にいた兄さんに聞いたらミラノ駅は次だよって。

乗った瞬間にドアしまった。。焦ったーーー

トリノ で見つけたクリクリ笑

イタリアにはトータルで8日間滞在しました。

最初の一週間は昨日ブログに書いたテッラマドーレサローネデルグストに参加する為トリノに滞在しました。

イベント途中で招待客でのパーティーを開く為ホテルではなくみんなでアパートを借りました。

トリノのポルタノーバの近くです

↓その入り口(右はお菓子屋さん)

アパート右のお菓子屋で見つけたチョコレート

その名も「criciri」!! これは俺に買えって言ってるでしょ!って事でお土産に買っちゃいました!

後で聞いたらこの地域のお菓子なんですって

初日の夕食は、地元の人しか行かない隠れ家的なレストラン

住宅街の一角にあってめっちゃ目立たない笑

でも店の奥のテーブルで食事しているとあれよあれよと言う間に予約の人たちでテーブル満席になってました

どれも美味かったーー

そして、半日、世界第二の規模を誇るエジプト博物館に。

たぶん自分の記憶ではエジプト博物館って入った事ない、、

迫力ありますなー スフィンクスとか

ただ、日本語の説明はやはりなく、、

英語の説明文をスマホで単語を訳しながら進んだらめっちゃ時間かかった(≧∀≦)

夕食はこんな感じのところでオサレに食べてました

もうすこしイタリア語ができたら楽しいだろうなぁ

ボンジョールノ!!

Terra Madre Salome del Gusto とは?

1996年から始まった国際的なスローフードイベントです

2年に一回イタリアのトリノで開かれ、縁あって私も参加してきました。

2018年9月20日〜25日  トリノのリンゴットという街です

 

この広さでたぶん1/4位です

中でも日本ブース「スローフード日本」は結構大きく出店しています

 

当然ですが、日本の伝統的なデザート「ところてん」を紹介に行ってきたのです。

世界各国の食べ物が並んでいる中日本ブースで毎日1時間「お振る舞い」としてところてんを振舞ってきました。

もちろん99%の方は初めてみる食べ物。

各国のことばで「これは何?」「なんでできているの?」「これは日本だけの食べ物?」「ちょっと食べさせて」

日本での展示会よりもたくさんの人がやってきてどんどん食べてもらいました。

持って行ったのは黒蜜、酢醤油、そしてわさびドレッシング

人気は意外にも?わさびドレシングでした

そして中日の夜、スローフード富士山メンバーが宿泊しているアパートでパーティーをやりました。

手巻き寿司、冷汁、うどん、そしてところてん。

日本の食文化に興味ある方が大勢集まってくれました

こちらはトリノの街で、スローフード富士山メンバープラスαで食事

パスタとピザでお腹いっぱいです。

ところてん突きも実演してきました

やっぱり実演すると違いますね。人が集まってきます

やっぱりイタリアの方が一番多く、あまり英語も通じない、、(≧∀≦)

日本語→イタリア語に変換してもらってます

おまけ:浴衣着てたからでしょうか、本部のカメラマンが撮らせてくれと、、

もしかしたら公式な場所で見かけるかも知れませんよ笑

今回、イタリア語に翻訳してくれたリサさんです。

横浜に住んでいて日本に戻ったら伊豆河童に寄ってくれるって約束してくれました

最終日は、世界各国の人たちが集まっているのでパレードがありました。なんか楽しい(^-^)

とても貴重な体験ができました。

これからも世界中の方にも日本の伝統的なスイーツを紹介できるように動きますね!!

名店 みはし 上野本店 甘味処 あんみつ・ところてん

東京に友人のお見舞いに行ってきました。

その帰り

上野によって、あの名店「みはし」に寄ってきました。

とりあえず14時くらいについたので入ろうとしたら、なんと満席!

じゃ、昼食べてなかったので近くでちょこっと食べて14:30頃何とかは入れました。

それにしても、おじさんひとりで甘味屋に入るのって結構勇気いります(笑)

 

そして注文は、やっぱりところてん!

突き立てのきれいなところてんでした。

コシもあり、天草の香りは少な目

ここで作っているのか、仕入れているのか?わかりませんが、しっかりと作られていると思います。

ところてん自体は細めです

タレ、結構酸っぱい^^;

タレも一緒にすすりましたが2回ほどむせました。。

もう少しまろやかな方が個人的には好みかなぁ

さすがに悩みましたが、怪しいおじさんついでに、あんみつをおかわり(笑)

寒天、こしあん、ミカン、求肥、豆 が入ってました。

寒天、おいしいと思います。しっかりとしてます。

こしあん、なぜか正方形^^;

たぶん、バットで作ってそれをカットして乗せてるのかなぁ と想像します

どうやらつぶあんもあるみたいです(つぶあんの方が好みだったので頼めばよかった。。)

こしあんはすごくなめらか。スプーンが簡単に入ります。

豆は塩気が少ないかな?求肥は変な着色がついてなくてよかったです^^; (たまにまっピンクの求肥とかでてくると自分は引きます^^;)

あと気になったのは蜜。自家製なのか?黒みつですがちょっと薄い気がします。これも好みですかね。もう少しコクがあるほうが美味しいと思うのですが、、

さすがに店構えがしっかりしています。

このディスプレイで食べたくなります。。

お値段が東京の甘味屋にしてはリーズナブルです。

あんみつ500円、ところてん480円(ところてんはちと高い気もする)

クリームあんみつ610円

そして、お土産用がしっかりとラインナップされてます。

これは買いたくなりますね。

店内で食べるよりもたぶん100円づつ安くなってます。

リーズナブルだ。

おじさん一人の甘味食べ歩きはなかなか罰ゲームくらい勇気いりますが、まあ、まあ周りは知らない人ばかりだし、観光客が多いので気にしなければOKですね(笑)

ホントはもう一件行きたかったけど、それは次回に。

四ツ谷 てるなり オープンイベントにところてん!

ミシュラン一つ星「鈴なり」の村田シェフのなんともおしゃれな2号店

ここ「てるなり」のオープニングイベントに参加させてもらいました。

村田シェフのフレンチの様な和食に感動。

見た目も流石だがやはり美味しい!

説明されてなるほど〜と唸ってしまいました。

伊豆河童が提供したところてん。

こんなにおしゃれになってしまうところてんって。。

レバパテとうなぎパイを合わせてしまうとは!

鮎につけるソースが絶品

柔らかいにこのシャリッとしたトッピングが何とも言えないほど食感がいい。

たまに出てくる純和風の出汁スープが絶品

クレームブリュレを竹に入れてるΣ(゚Д゚)

 

まだ本店の鈴なりには行ったことがないのでぜひ近いうちに行きたくなってしまったです。

tokoroten japan talk

日本の伝統食品 ところてん

何年もお客様を前に試食販売をしていますが、外国に人には受け入れられるのだろうか?

今までは百貨店などの催事販売で外国人が試食すると

欧米人、酢醤油のところてんはほぼダメですね。そのまま口から出す人もいます。

黒蜜はかろうじて舐める人はいましたけど、、^^;

アジアの人は黒蜜は大丈夫みたいです。BrownSugar

今までで一度だけ酢醤油を食べられると言ったのは中国人でした。

聞いたら私の町でも食べられる「凉粉」と同じですと。

ネットで調べたところ確かにところてんのようなものみたいですね。ちょっと唐辛子とかのっているのが標準みたいです。やはり中国、黒酢でたべるみたいです。

でも天草から作ったところてんではなく緑豆から作っているようです^^;

最近、テレビでインバウンド向けの日本の居酒屋(新橋)が紹介されたんですが、どうもところてんが大人気だそうで、テレビでもクイズになってました。

偶然、ネットで日本食の紹介サイトがあったんですが、ところてんが載っていてなんかとっても嬉しい。

https://www.japan-talk.com/jt/new/tokoroten

春の羅漢

昨日、久しぶりに羅漢さんに行ってきました。

仕事の仲間で遠くは九州からも!

あいにくの雨でしたが、敦子さんのやっぱり素敵なおもてなしでみんな大満足。

筏場の山葵田も初めての人中心にしっかり説明してもらいました。

わさび着けも、みんなどっさりお買い物(笑)

7代も続いているわさび農家で説明する敦子さん

筏場のわさびもちょうど花が咲いていてきれいでした!

まずは味噌樽の小屋で前菜。

菜の花がとってもきれいで特にこんにゃくと生姜のマリネおいしかった!

場所を移して、きれいな盛り付けがずらり!

感動の瞬間です

雨だったので梅山豚も寝ていて出てこなかったけど(笑)

刺身もうまい。聞かなかったけど金目?おいしかった。

 贅沢に生わさびを。

本物は辛すぎず、ほんのりツーンと香りがします。

本物を知るとまがい物は食べられません。


これ、なんて言ったっけ?囲炉裏で温める日本酒

答え → 焼き燗 でした。

鶏肉のエキスパートに天城軍鶏を炭火で焼いてもらいました!

さすがにうまい!!

 

今回は孟宗竹で竹の香りたっぷりのご飯を炊いてもらいました!

うまい~♪

旬のお漬物もおいしくて箸が止まらない。。

今回の参加メンバーです。遠くからありがとうございましたー

また違う季節に来たいなぁ。

無添加手作り味噌作り 体験

いつか行ってみたい。

そう思っていた場所にやっと行ってきました。

横浜の小泉麹屋

インターネット通販の黎明期、

何名かいたレジェンドの一人、小泉さん

自分もまあまあ早めにインターネット通販に飛び込んだ方だが、その2年も前に始めていた。

「味噌が売れるんだ。。。」

「あれ?手作り味噌セット?」

そういうのでどんだけ売り上げるんだろう?

いつもそんな風に思っていたけど、なんとなくつながりができずに15年も経ってやっと最近つながることができました。

▼麹を発酵させる木箱です。なんかいい雰囲気

▼これが米麹。

麹屋さんの麹菌はお米の外にふわふわが出てきて、このままちょっと食べさせてもらったら、、、

おお!甘くなってきた!噛むと唾液で反応してあま~くなってくる

▼手作り味噌セットの発送場所です。

築何年の建物だろう?すごくいい雰囲気

そして、こっち向いてるのが店主のこいちゃん

▼これが麹菌。

麹菌って何百種類もあってこれで味噌の味が変わるらしい

この後、こいちゃん(小泉麹屋店主)の使っている麹を見せてもらったけど、これは最大の企業秘密。

ふふふ、これがおいしいみそを作る素か~ と感心

▼こちらは確か麦の麹菌

お米と違って ふっ と息をかけるとふわっと菌が舞ってました

そして、こいちゃん自慢の3S

整理整頓躾。 写真でも大体わかるけど、説明聞いてさらに「おお~すごい!」

机の引き出しもこんな感じ!(゚Д゚;)

▼工場の道具もこんなきちんとしているところは見たことない

▼機械の電源も使っているしゃもじも危険なことを最大限に大きく表示

▼そして、こちらが手作りお味噌のもとの大豆

こいちゃんがその大豆を前の晩に柔らかくなるまで煮込んでます

▼そして、うまく作れたらその場で表彰♪

たのしい!!

▼そんな感じでできた自分のみそ

9月ごろが食べごろだそうで、もうまちきれないーーーー

京都の和菓子店「京みずは」さんにおじゃましてきました

京みずは

1月19日、京都 長岡市でネット販売を古くからやっている京みずはの北川社長にお会いしてきました。

もう10年以上前から知り合いなのですが、お店に行く機会がなく今回初めての訪問となりました

毎朝の朝礼風景。伊豆河童は週一しかやってません。。

餡子のもちを作っているところ。

和菓子屋さんの工場に入れてもらったのは始めてなのでいろいろと参考になりました。

3か月のカレンダーを貼って、先が見える可。

これはすぐやろう。

模造紙とポストイットで問題を見えるようにして解決へ。

ITが得意な社長ですが、アナログがいいところも積極的に活用してます

うむ、これは参考にしたいが今は売ってない。。

※俊介も磐田に来ることだし^^;

 

そして、午後は工場見学の皆さんと分かれて、充填機械の2社を訪問

なれない大阪で迷子になりながらたどり着いたらこのボード

この会社、女性が社長という事で他の機械メーカーと雰囲気が全然違います。

女性でも使いやすい機械の操作なども考えていて業界でトップだそうです。

https://www.naomi.co.jp/

そして箕面市からUFJ近くの機械メーカーに移動

まあ、慣れない土地はつかれます。。

ここでは、ところてんの包装機械を見させていただき社長様と1時間くらいじっくりとお話ししました。

業界の事など話せてとても有意義でした。

http://www.matsuda-kikai.jp/

でもって、今回の関西行脚は終わりです。

大阪駅では必ずここで買って新幹線で食べるのが習慣となりました。^^

 

 

河童のおでん大盛況です。

河童のおでん

先週の土曜日

やっとリニューアルオープンいたしました。

これからの伊豆河童は

春夏・・・ところてん、あんみつ

秋冬・・・おでん

をメインでやっていきます。

土曜日のオープンイベントにはたくさんのお客様が食べに来てくれました。

おでんの営業時間は、

日曜祝日除く 12:00~18:00 まで

店内では、おでんの他、もちろんところてん、あんみつも食べられます。

一応、ビール、日本酒も用意しております^^

夕方以降も要望があれば貸し切り等で営業も致します。(MAX24名)

ぜひお待ちしておりまーす。

一番の売りは

母が小さいころから作っていた肉巻き巾着。

しらたきと人参、シイタケ、鶏ひき肉を巾着で包みます。

ダシが染み込むと、鶏のうまみと合わさってめちゃくちゃうまいです。

あとは、やっぱりこんにゃく。

この時期、生芋こんにゃくを手作りで作っているので、ほんとにこんにゃく自体に味がしておすすめです♪