くまモンに会いに。そして地獄めぐり 熊本~大分旅行

馬刺し 熊本

 

熊本へ行ってきました。

実は初熊本です

熊本どころか初大分も体験してきました。

熊本には、仕事を依頼しているパートナーも住んでいて

親戚が益城町にも住んでいました。

また、別の友人が食堂をやってるんですが、震災にあい大変な時期を過ごしてきました。

そんな仲間に会いに行ってきました!

アンド、本場の馬刺し食べに・・

熊本城はテレビで見るだけでしたが、想像以上に崩れてました。。

完全に戻るには20~30年とか

大河ドラマが好きで毎週見てるんですが、加藤清正が改築したとあって、勝手に親近感持ってます、、

大分では、別府地獄めぐりという体験してきたんですが、勝手に伊豆の七滝をイメージして

いろんな温泉に入れるのかと思ってたら笑われた

あんな真っ赤な温泉に入ったらホントに地獄だったろう・・

別に、治療のために来た訳ではないですけど。

ところてんの伊豆河童も入っている楽友商店会で大阪に行ってきました!

まずは、楽友商店会の総会前日に、大阪千日前~小路という駅に

実はわたくし、ところてんの伊豆河童を継ぐ前に、三菱食品(旧菱食)ではたらいてまして、そのサラリーマン時代に隣の机だった同期に会いに。

で、大阪の飲みに行く前に阪急オアシスというちょっときれいで都会的なスーパーへ

実は今年の新店から伊豆河童のところてんを置いていただいております^^

▼ここで特選品として販売していただいております。

※定番の他のメーカーさんのところてんは、98円で特売しておりました。。(汗

ということで視察も終わって、同期と天満の飲み屋街へ

久しぶりの再会でいろんな話もしましたが、お互い年取ったなぁ って結論ですかね^^;

で、天満のホテルに泊まって、楽友商店会総会へ


まずは、熊本で飲食店をやっていて先日の地震で被災し、ボランティアで奔走していたお話を聞きました。

春の羅漢さんで、仕事仲間と伊豆の旬を味わってきました。

桜が散って新緑がとても澄んだコントラスト

伊豆で一番いい季節だと思うなぁ

わさびの花がまだ残ってました。

筏場から羅漢さんへ行く途中

水の神様。

この水を汲んで、この後羅漢さんで料理に使ってもらいます。

手作りわさび漬け、ばあちゃんが作ってます

^ ^

わさび農家でしか作れない贅沢な逸品

 

で、羅漢さん到着

※友人撮影

味噌樽の部屋で春の前菜

※友人撮影

 

火を囲んでタケノコが焼けるの待ちます

取れたてのタケノコを焼きたてで。

ほくほく、柔らかく最高

敦子さんのタケノコ調理を撮影(笑)

最後はいろりを囲んでの食事です

このごはんが絶品だったなぁ

やっぱり釜で炊くと違います。

 

おこげがあるとやっぱりおいしい。

今回も伊豆の旬をたっぷり楽しめました。

東京からたくさんの仕事仲間が来てくれました。

みな大満足の大人の遠足でした^^

あ、サプライズで誕生日祝ってもらいました

静岡おでんフェスティバルに行ってみました。

ちょっと前ですけど、静岡で開催されていたおでんフェスティバルに行ってきました。

img_4890jpg_25729234386_o

伊豆河童も来秋からおでんを計画してるんですけど、その勉強です

img_4894jpg_25124910734_o

串が刺さってるのが静岡おでんの特徴ですね。

もともとは串の数で会計するためにこのような形になったみたいです。

img_4897jpg_25124940284_o

こちらオーソドックスなおでん

静岡おでんではないですね。

どちらかというと静岡県ではあるのですが、伊豆東部地域は静岡おでんの文化はないので汁たっぷりのおでんが個人的に好きです。

img_4902jpg_25128868913_o

これはどこのおでんだったか。。 鶏肉が入るとちょっと脂がでるのでうまみが増す感じです。

このおでんは美味しかった。

こんにゃくがたぶん手作りで味しみ、食感が最高に美味しかった。

やはりこんにゃくは手作りですな。

img_4905jpg_25729534406_o

練り屋さんのおでんでした。

練り物個人的には大好きですが、なにも入ってないものはちょっと物足りない。

ゴボウまき、青じそまきいいですね。

個人的には蛸、イカ、などはいってるのが好き。

img_4907jpg_25125130914_o

石巻のおでん。

ここだけはバラで販売していたので、手間もかかるのか?行列でした。

おいしそうなものはすでに売り切れ。。

img_4912jpg_25455000360_o

姫路おでん

練り物中心で、生姜が効いた出し汁でした。

こんにゃくが姫路城の形してた。。。 (でも味はイマイチかな)

img_4919jpg_25125469504_o

おでんは日本酒が合いますねー

img_4921jpg_25455248370_o

一番目立ってかな。

賑わいのある店づくりも大切だな

img_4922jpg_25634998442_o

ここもオーソドックスな静岡おでん。

img_4925jpg_25756039005_o

地元の大学生が新しいおでん作ってました。

これがそう

img_4926jpg_25756046755_o

まあ、変わってるけど、物足りないなぁ(笑)

 

ということで、いろいろ視察してきました。

まず手始めに、5/4.5 清水町のかわせみマルシェで河童のおでんお披露目開始です

https://www.facebook.com/events/1749670968599265/

静岡おでん2軒、話題の居酒屋、隠れ家的Barを堪能 伊豆河童のおでんはどうなる?

先日、静岡市内の友人に本場静岡おでんを食べに連れてってもらいました。

最初は、3時半の開店とともに満席になるという居酒屋泰平

3時半に予約していきました。

img_4666jpg_24212907524_o

あっという間にカウンターは常連さんで満席

奥の座敷だけ少し空いてましたが、1時間くらいですべて満席

まだ5時前なんですけど^^;

img_4667jpg_24473456429_o

どうやら静岡は牛筋がお好き?

img_4668jpg_24814825456_o

やっぱりマグロの刺し身ですね

img_4669jpg_24814827656_o

まずは、1件目、青葉横丁というところの三河屋

横丁の中でも一番有名らしく、カウンター12席だけの店ですが、予約しないと入れません。

名物は、レンコン揚げらしいです(おでんじゃない(笑))

おでん、揚げ物、焼き物と3種類からすきなモノ選べます

まずは牛筋のタレ焼き

img_4675jpg_24473497629_o

名物のレンコン揚げです

img_4676jpg_24841120465_o

やっとおでんです

img_4677jpg_24545628450_o

何がおススメ?と聞いたら、まずは三点盛りかなと

こんにゃく、黒はんぺん、牛筋

img_4679jpg_24747680731_o

この三河屋さんは青葉横丁というところにあります

img_4687jpg_24814902966_o

続いておでん横丁の幸多路(こうたろう)

img_4688jpg_24814906686_o

お店の前に、おでん横丁のこの雰囲気に驚きます。

あ、写真中央のおにいちゃんは、特に知り合いではない酔っ払いさんです

ここは特に有名というわけではないのですが、友人の和食料理人がおススメということでした。

おでんはやはりみんな串にささってます。

会計の時に串の数、数えてたのでみんな同じ値段なんですね^^

img_4692jpg_24747723251_o

静岡のお酒が並んでます。

静岡県は結構酒どころなんです

img_4693jpg_24814920716_o

となりの席のおっちゃんが、珍しいもの持ってきて、食べろと

白いいちご珍しい。美味しかった。

貴重なお土産じゃないのか?おっちゃん家帰って怒られなければいいけど

img_4699jpg_24213025484_o

img_4700jpg_24814937096_o

幸多路のおかあさん、ゆっくりした口調で話す落ち着いた感じが最高です。

img_4701jpg_24814939006_o

最後は静かなバーへ

 

img_4708jpg_24545723750_o

センチュリーホテルの総料理長おススメのところです

 

img_4713jpg_24473619869_o

なんと、鴨とコンソメスープのカクテル

img_4714jpg_24214392043_o

で、和菓子風のカクテル、とろっとしてておいしかった。珍しい

img_4716jpg_24545748190_o

 

青葉横丁、こんな感じで小さなおでん屋さん、居酒屋さんが並んでます。

 

 

 

おでん屋2件はしごして、お腹も心も満足した一日でした。

中伊豆の山葵田の中にある和食レストラン羅漢さんに行ってきました。

羅漢

伊豆の山奥に、一日一組限定のお店があります。

「羅漢」

地元の食材を使って、ゆっくりゆったり食事するところです。

 

場所は伊豆の山奥

周りはわさび農家さんばっかりのなかにポツンと一軒家で営業しています。

 

今回はお昼から夕方7時頃までお邪魔してきました。

3か所でお食事をとり、その料理もとても繊細で伊豆の旬を感じるものばかり。

 

そしてなんといっても盛り付けが素晴らしく。とてもきれい。

店主、加藤敦子さんのおもてなしが最高です。

 

 

まずはワサビ田見学。伊豆の筏場という産地で真妻ワサビの栽培について

加藤さんからいろいろ聞きます。中伊豆筏場のわさび田

この地区の人はなまって「わさびざ」って発音するそうです

今年は1カ月くらい早くわさびの花も咲いています。

24120036830_543fd1b09b_z

途中、わさび生産農家さんで、わさび漬けやわさび味噌を見学

img_4533jpg_24307397752_oimg_4537jpg_23787474354_o

そして、羅漢さんへ

味噌大樽をひっくり返した小屋で梅酒と前菜

img_4552jpg_23787524234_o

img_4563jpg_24047943969_o

前菜が終わったら、次のお料理を待つ間。

飼っている梅山豚(メイシャントン)と黒豚のハーフのこえみちゃんと遊ぶ。

そして、前半の目玉でもある、盛り付けが最高にきれいな食事の登場です。

24415779045_4f21d82c70_z

天城の山奥でも海は遠くないので、海の幸も。

img_4583jpg_24120212450_o

わさびは最高級の真妻わさびをその場で摩り下ろします

img_4582jpg_24333356351_o

しいたけそば。 驚いたことにしいたけのかつら剥き?でしいたけそのものをそばにしています。img_4617jpg_24389696056_o

 

次はいろりを囲んで、美味しいお食事と美味しいお酒が次々とでてきます。

img_4620jpg_23789146713_o

熱燗は灰でゆっくり温めます。

img_4600jpg_24048066459_oimg_4603jpg_23787689464_o

いろりを囲んでの食事最後は焼きおにぎりを、地元の季節のお漬物で。

そうそう、お茶漬けもあります。img_4635jpg_24048156409_o

最後はデザート。茶色いのはこんにゃくのチョコレート!びっくり

チョコろてんの次はこれか?(笑)

日が落ちてからは、やさしい明りで昔懐かしい障子での影遊びなんかもできます。

最後は今回、参加のメンバーで^^

 

とてもゆっくり流れる時間の中で、

伊豆の新鮮な食材で素敵な料理とお酒をゆっくり楽しめます。

 

ちょっと遠いですが、おススメです。

伊豆市地蔵堂299-2

「羅漢」  不定休 要予約(一日一組限定)